さぽろぐ

  グルメ・スイーツ  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


BBQくにむら › くにむら俳壇 › 第111回酔いどれ句会清記表

2018年05月05日

第111回酔いどれ句会清記表

いつものとおり、泥游さんに清記表を作ってもらいました。

不在選句をお願いします。
句会同人の方に限らせていただきます。

今回は50句あります。
7句選んでください。

選句結果はコメント欄に記入し、できれば選評も書いてくださいね。

良福


1 北の里桜咲いたか梅まだか
2 売られゆく隣家の辛夷みごとなり
3 桜前線追い越して残雪
4 残雪を削って沸かし飲んだ水
5 残り香に振り返りつつ春霞
6 花万朶上下左右前後不覚
7 真白なる山は残雪春の海
8 求愛の声高らかにバードウィーク
9 北斎に残雪羊蹄奉る
10 ギラギラと陽に抗いて残り雪

11 羊羹をまるごと囓る山笑う
12 キャンバスの実験棟の山桜
13 残りの雪踏みしめつつ土起こす
14 鉄人を継ぐがごとしのフルスイング
15 イオン来てシャッター街の残雪
16 残雪が日に日に細くなっている
17 暈けし陽よ霾りなのか魔も降るか ※ぼけし、つちふり
18 梅の花酸っぱく甘いは櫻花
19 半袖とコートと新芽と残雪と
20 残雪と別れを惜しむふきのとう

21 彼岸過ぎ雪は残らず消えにけり
22 鉄人はデッドボールも打ちに行き
23 残雪の山に向かいしトラクター
24 あたためぬおにぎりいける雪残る
25 名残り雪懐かしみ聴くラジオかな
26 忙中にふと見る空は春霞
27 残雪や畝立つ丘のトラクター
28 春愁や雨の夜長きクラクション
29 朝に咲き夕は花びら点々と
30 残雪に種蒔く季を教えられ

31 指歩く蟻くすぐったい山笑う
32 カーテンを開き残雪無きを知る
33 登り来て鳥の姿の残り雪
34 花満開朝からカラスが大騒ぎ
35 平地人驚愕残雪5メートル
36 残り雪抱く山脈遠くなり ※やまなみ
37 夕張の炭住去る日雪残る
38 雪残る頂眺め春を待つ
39 見つめられ照れてほころぶ基準木
40 残雪や日傘の向こう山の陰

41 純米酒キレ冴えるなり初茗荷
42 残雪のグレーに染まる桜道
43 水溜り空と新芽を映しけり
44 ビル風の先残雪の藻岩山
45 俺の名が新元号になるかもよ
46 揚げ雲雀雪残る山大きくて
47 流氷の咆哮聞こゆ丸い月
48 残雪を横目に笑う山こぶし
49 水温む暦を恨む皿洗い
50 娘らの出掛けて静か春の宵

以上です。

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(くにむら俳壇)の記事画像
第112回酔いどれ句会のご案内
第111回酔いどれ句会のご案内
良福、清記表をつくる。
第100回酔いどれ句会報告
第60回「酔いどれ句会」報告
H25年「酔いどれ忘年句会」報告
同じカテゴリー(くにむら俳壇)の記事
 第113回酔いどれ句会のご案内 (2018-06-07 23:06)
 第112回酔いどれ句会報告 (2018-06-05 18:00)
 第112回酔いどれ句会清記表 (2018-06-03 04:11)
 第112回酔いどれ句会のご案内 (2018-05-24 00:11)
 第111回酔いどれ句会報告 (2018-05-08 17:28)
 第111回酔いどれ句会のご案内 (2018-04-06 17:25)

Posted by BBQくにむら at 23:34│Comments(6)くにむら俳壇
この記事へのコメント
幹事様、泥游様いつもありがとうございます。

連休は暦通り休んでいました。
ああ、明日から仕事です。
今回も句会に参加はできませんが選句させていただきました。

2.売られゆく~
23.残雪の~
25.名残り雪~
  "いるか"とか"風"の名残り雪は大好きな曲だったのに今回思いつかなかったですねぇ。
36.名残り雪~
  あら、この句も名残り雪だったですね。この句は遠くなりという表現が春をよく表していてとても好きだと思いました。
48.残雪を~
  暖かくなってこぶしが余裕をかましてる感じがよいと思いました。
49.水温む~
  そうです。水道から出る水はこれからが一番冷たい感じがします。
50.娘らの~
  暖かく、ゆったりしてるような寂しいような、私が大好きな感触です。

以上です。

連休明けは仕事も大変だと思いますが、楽しい句会でありますようにお祈りしております。
Posted by ニック・ジャガー at 2018年05月06日 17:15
2 売られゆく隣家の辛夷みごとなり
高齢化で売却されてゆく古い住宅の暮らしぶりを知る隣人たちは、立派な庭木を育てて来たその歴史をも知る人たちで、未来へ繋がる次世代への引継ぎと同時に、一抹の寂しさも感じるのだろうなぁと想像します。

27 残雪や畝立つ丘のトラクター
肌寒くとも、新しい季節に向けて着々と活動を始める職人たちの意気込みと、畝のふくらみに希望を感じる句でした。

28 春愁や雨の夜長きクラクション
気ぜわしく落ち着かない季節の変わり目を、苛立ち気味のクラクションが代弁してくれているようです。

30 残雪に種蒔く季を教えられ
「種蒔く季」の表現がとても素敵だと思いました。

31 指歩く蟻くすぐったい山笑う
春の訪れを蟻さんの歩みで表現する可笑しみが愉快な一句でした。

50 娘らの出掛けて静か春の宵
我が家の実家の昔の風景を彷彿とさせる句でした。女4人に男1人の家庭。日頃どんなにかしましく、不在中はどんなに静寂に包まれていたのでしょう。

41 純米酒キレ冴えるなり初茗荷
キリッと辛い純米酒と、初物の乙な味の茗荷との絶妙なコラボレーションに舌鼓を打つ夢を見そうです。
Posted by 水得魚 at 2018年05月07日 01:28
選句に夢中で、ご挨拶が遅れました。すみません。
良福さま、泥游さま、いつもありがとうございます。
携帯をバージョンアップして、メールの届きが一部滞っておりましたが、翌日に届いていたりでドタバタのここ数日でした。
この度も、盛会をお祈り申し上げます。
Posted by 水得魚 at 2018年05月07日 01:33
あ!41と50が順番入れ替わってしまいました。ごめんなさい。何度もお騒がせいたしました~。
Posted by 水得魚 at 2018年05月07日 01:37
以下の7句を選びました

1北の里桜咲いたか梅まだか
札幌の春ですね

13 残りの雪踏みしめつつ土起こす
畑の準備でしょうか?

15 イオン来てシャッター街の残雪
地方の非活性化は、郊外店から始まりますね。

20 残雪と別れを惜しむふきのとう
光景が浮かびます。

22 鉄人はデッドボールも打ちに行き
惜しい人をなくしました

26 忙中にふと見る空は春霞
そんな感じですね。

30 残雪に種蒔く季を教えられ
先人の知恵です。
Posted by 錆爺 at 2018年05月07日 10:07
コメントを寄せていただき、ありがとうございます。今日も楽しく句会が開催できました。
次回もよろしくね~
Posted by 良福 at 2018年05月07日 22:57
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。