さぽろぐ

  グルメ・スイーツ  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


BBQくにむら › くにむら俳壇 › 第97回酔いどれ句会報告

2017年03月07日

第97回酔いどれ句会報告

昨日3月6日、いつもの句会がありました。

兼題は「入」です。

出席者は、湯児、ニック・ジャガー、鳴兎小吉、北留2号、泥游、戊瓶、酒多良福の7名、不在選句者は、水得魚、紅帽子の2名でした。

一人当たり7句選んでいます。

出句者は、山茶花、水得魚、湯児、ニック・ジャガー、北留2号、紅帽子、鳴兎小吉、戊瓶、酒多良福の9名で、45句が集まりました。

間違い探しとコメントをよろしくねicon06

酒多良福


icon66icon66icon66icon66icon66icon66icon66
空き部屋がしんと音する巣立ちかな    戊瓶

icon66icon66icon66icon66
降り立ちて春の入江に波走る     紅帽子
入学を待てぬ子の背のランドセル    鳴兎小吉

icon66icon66icon66
無灯火の出勤嬉し春の朝     ニック・ジャガー
入り船の絶えて怒涛の流氷かな(こおり)   戊瓶
ただいまと入る無人の雛の家     ニック・ジャガー
見ぬ花の蕾啄ばむ鷽恨む ※うそ    湯児
卒えた子ら春を挟んで入る子ら     紅帽子
年度末風呂に入って目を閉じる     酒多良福
海明けて浜に声あり船入る      戊瓶

icon66icon66
入電の桜咲けよと祈った日     山茶花
春立てり綱の香きりり土俵入り    戊瓶
ほの朱く梢を染める鷽の喉 ※うそ   湯児
入詮の太鼓響かせ春きたる     北留2号
淡雪やリボン徽章をぬらし落つ    山茶花
春の朝新入りの靴いと眩し     酒多良福
狭き門入り口に立つ破顔かな    水得魚
雪はねに力が入り素手になり    酒多良福

icon66
レシピ本どおりのカレー春の昼     鳴兎小吉
一抹の不安入道雲の影      水得魚
兵の夢か御門の弾の跡 ※つわもの、ごもん  紅帽子
繰り返す入退院や冴え返る     鳴兎小吉
歳重ねまた春が来るありがたさ    ニック・ジャガー
浮いたままの線路の先が新天地    北留2号
初売りのあれよあれよと入り乱れ    水得魚
入れ食いのわかさぎ釣りにおだつ子ら    鳴兎小吉
春まぢかすべて眩しき新天地      山茶花
エアロビの彼女休講ジム休む     紅帽子
雪解けて顔出す秋の忘れ物     北留2号

icon11
入園を待つ子らの春遠くなり     酒多良福
入学と卒業の間にある何か     酒多良福
新入も古参も狙う春切符      北留2号
おいらには関係ないぜプレミアム    紅帽子
歩き来て雪と聴き入る第九かな     湯児
鼓舞し過ぎ出入り禁止の店増えて    水得魚
入魂の氷球決めたる女神たち     湯児
仕事初め(ぞめ)足取り重き寒の入り   水得魚
3月やみなそれぞれの旅路かな     ニック・ジャガー
冬浪の届かぬ空へ北帰行      山茶花
ルーチンも感慨深し退職の日     ニック・ジャガー
はよ解けろいやまだ降って飯の種    北留2号
久しけれ白黒熊の春の恋      山茶花
力水もらう雪解の楓かな      湯児
南国の便り身に入む余寒かな    戊瓶
建国日護憲改憲日本晴      鳴兎小吉

以上です。

同じカテゴリー(くにむら俳壇)の記事画像
第100回酔いどれ句会報告
第60回「酔いどれ句会」報告
H25年「酔いどれ忘年句会」報告
「H25.6.9(日)支笏湖吟行句会」報告
第50回「酔いどれ句会」報告
H24年「酔いどれ忘年句会」報告
同じカテゴリー(くにむら俳壇)の記事
 第101回酔いどれ句会のご案内 (2017-06-20 19:57)
 第100回酔いどれ句会報告 (2017-06-09 17:44)
 第100回酔いどれ句会清記表 (2017-06-05 18:05)
 第100回酔いどれ句会のご案内 (2017-05-16 18:22)
 第99回酔いどれ句会報告 (2017-05-02 17:37)
 第99回酔いどれ句会清記表 (2017-04-29 21:28)

Posted by BBQくにむら at 00:12│Comments(0)くにむら俳壇
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。